人材価値を高めるには

仕事を行う際に重要なのは個人の能力値である。能力は職能とも言い換える事ができ、個人の持つ職能が高い場合は職場において人材価値も高まる。しかし、具体的に職能が高い人材とはどういった人材の事を言うのだろうか。

一般的に職能は、ある一定のスキルを持っていることを言う。こうしたスキルを証明するには、資格を持つことが重要事項となる。

例えば、不動産会社でこのスキルを当てはめるとしよう。この場合、宅地建物取引主任者と呼ばれる資格を所有していると、職能が高い人材だと言えるだろう。その理由は、宅地建物取引主任者は国家資格であり、この資格がなければ出来ない業務があるからだ。

その他、公認会計士や弁護士と呼ばれる資格を保有している場合も、公的な書類の作成が行えるため職能が高い人材だと言われる。上記では国家資格を職能に当てはめて解説したが、プログラマーやエンジニアと呼ばれる職業も、専門的かつ難しいスキルが求められるため、職能の高い人材だと言えるのではないだろうか。人材価値を高めるには、上記のような専門的な職能を身につけることが重要だ。

これからの時代、どんな大企業でも「安定」の二文字は存在しないといっても過言ではない。なにが起きても働き口に困らないよう、こうした専門的なスキルを持っておくことは、生きる上で非常に賢い選択だといえる。

また、特に女性の場合は結婚・出産とライフスタイルの変動が激しいため、手に職を持っておくことで今後の人生の働きやすさは大きく左右されるだろう。安心して仕事も家庭も両立できる将来を送りたいのなら、社会的に求められる専門スキルを磨くことをおすすめする。