職能給の概要について

職能給とは従業員に支払う賃金を決定する方法のことを言う。そうした方法を基準として、給与に見合った職務遂行能力が十分にあるかを判断することになる。

職務遂行能力とは、知識や経験、資格といった職務を遂行する上で必要な能力のことである。また、同じ職場の人間と協調していけるか、ストレスに対する耐性があるか、リーダーシップを発揮できているかも判断される。このような能力は徐々に伸びていくと考えられているので、勤続年数に応じて区分・序列化されている傾向にある。

この職能給は1960~70年代に導入されたと言われている。それまでは集団主義的な労働関係だったことから、体制を見直すべく新たに実施された。しかしバブル景気が終わる頃には職能給を実施するのが厳しくなった。人件費が高くなり、賃金を引き下げるわけにもいかず、若手社員を入れたくても入れられないという苦しい状況が続いた。そのため、さらに新しい制度を考える必要が出てきたのである。

1960~70年代の職能給は年功序列・終身雇用が前提の賃金制度だった。しかしバブル景気が終わってからは年功序列とは関係のない、新たな賃金制度が実施されるようになった。最近では役割等級制度という、役職や職務といった役割に応じて支払われる賃金制度が導入されている。

また、海外企業による買収や業績赤字が相次いだため、職能給への意識も徐々に変わり、年功序列を完全に廃止した職務給を導入する企業も増えてきている。職能給は長い間多くの日本企業で採用されてきたが、年功序列という根底の意識が拭えない賃金制度であることから、その必要性が問われているのが現状だ。